中途採用の就職活動


中途採用の選考

中途採用の選考ポイントは、新卒採用とはまったく異なります。新卒採用ではその人の性格や人物像、アピールポイントなどを総合的に見て、向き・不向きを判断するものなのですが、中途採用は既に何らかの職種を経験していることが大前提となっているため、最も重視されるのは職務経歴そのものや資格、スキルなどです。人物像やその人の雰囲気などももちろん見られますが、まずは前の職場でどんな事をしてきたかにかかっているのです。


企業によっては資格だけでなく、それを活かしてどこまで業務が遂行できたか徹底して質問される場合があります。信念のある人物かどうかを判断するために、学歴や学生時代の専攻が活かされているかどうかも見られる場合があります。


新卒採用では「誰よりポジティブで前向きならば採用」「今はスキルがなくても、後から身に付けていけばOK」というように、採用基準の枠がとても広いのが特徴です。しかし、中途採用はいわゆる即戦力となる人材が必要な場合が多いので、一度退職をしてこれから就活を始めようと思っている方については、前職で身に付けたスキルや資格、能力などを今一度整理し、アピールに繋げておく必要があります。


どこからが中途なのか

新卒で会社に入り、3年以内に辞めた方は「中途」と呼ばれます。ふつう入社すると「まずは3年頑張れ」などと言われることがありますが、諸事情で3年に満たない方も少なくないと思います。ですが、中途採用は自分よりもスキルのある年齢層の高い大多数の人間と競り合う場でもあるので、なかなか入社に至らないというのが現実です。会社というのはどこでも、出るのは簡単ですが入るのは難しいものです。


このように、中途は新卒とは採用の基準が全く違うということをまず頭に入れておいて頂きたいと思います。企業の中には新卒採用に力を入れていて、中途にはあまり比重をかけていないところもあります。現在新卒での入社を控えている方、もしくは入社済の方は、会社を辞める前に一度転職先の採用状況について調べておくと良いでしょう。