履歴書を送ろう

就職活動にまず必要なものといえば、履歴書です。短期間のみのアルバイトや、1日だけの派遣にも履歴書は必ず必要となります。自分自身の履歴を表すものですから、採用担当者に選んでもらえるよう、確実にアピールすることがカギとなります。


新卒者の履歴書の場合、最も重要視されるのは学歴と資格です。どんな学校に通っていたか、そして何を学んで来たかを確認するためにも、この二点は必ず目を通されると思って良いでしょう。既卒や中途採用の場合は、職種についていたか、ついている場合は何を担当してきたかを中心に見られます。新卒の場合、入社後の伸びしろをある程度推し量るためにも学歴と資格をイコールにして見る場合が多いそうです。


履歴書は丁寧に書くことが基本とされます。急いで書いた文字は読みにくいだけでなく、適当に業務をこなす人材とも見られますから、分かりやすく書くことを念頭に置きましょう。どうしても綺麗に書けない方もいると思いますが、達筆な字を求められている訳ではないので、そこまで字体にこだわる必要はないかと思います。


また、使用する写真についても適当に撮影したものではなく、お店などで撮影して貰ったものの方が印象は良いようです。芸能系やマスコミ系、航空系の業界では写真映りの時点で振り分けられるケースが多いため、写真に力を入れている学生さんも多いようです。


また、履歴書に修正ペンやテープを使用してはいけないと言われることがありますが、よほど競争が多い企業で限りは修正液を一度や二度使用しても問題はないようです。ただし、実際の業務で大切な仕様書や契約書に修正液を使用することはNGですし、履歴書の段階で手抜きをする人だと見られてしまう可能性もあるので注意が必要です。


その他には、誤字や脱字など基本的なミスにも注意をしておきましょう。漢字間違いは社会人になってもしてしまうものですが、学生のうちから減らしておくにこしたことはありません。


履歴書はその人の分身ともいえる存在です。面接でも履歴書に関連した内容が尋ねられますから、最後まで気を抜かずに書くようにしたいものです。