OB・OG訪問

就活性にとって重要なイベントの一つといえば「OB・OG訪問」ではないでしょうか。OB・OG訪問とは、希望している企業の働く先輩を訪ねて、企業の情報を収集すること。企業のHPや就職支援サイトには載っていない本物の企業の気風を肌で感じることができる、最高のチャンスでもあります。


OB・OGを探す方法

大学や企業が開催する懇親会(懇談会を利用し、まずはそこで働く先輩と繋がりを持ちます。大学の懇親会なら自分と似た立場だった先輩が来てくれますし、企業の懇親会ならかつて自分と同じ業界を志望していた方という位置づけで話を聞くことができるので、参加して損にはならないはずです。既に現役として第一線で働いているOBやOGから、仕事についての体験談、苦労話など貴重な情報を聞くことができます。


OB・OGを自力で探す方法としてはキャリアセンター(大学の就職課)の卒業生名簿から探すことになりますが、最近では個人情報保護の関係で紹介が難しい場合もあります。その場合はゼミやサークルのOB・OGから直接聞いたり、家族の知人などの繋がりから割り出すこともできます。


OB・OGを訪問しよう

OB・OGの連絡先が分かったら、次は連絡を取ります。直接メールや電話で連絡する方法もありますが、ほとんどの場合OB・OGは業務中です。社外に出ている可能性もありますし、手が空いていないことが多いです。


なので、もっとも確実な方法として、人事部や採用担当者に問い合わせを行いましょう。そこで、大学名と氏名、就活中であること、OB・OGの情報を得た出所(キャリアセンターや本人から承諾を得ているなど)、先輩が在職中なので訪問をしたいという旨は最低でもきちんと伝えておきましょう。全て伝えたあとで訪問可能な日程を伝えて貰い、自分のスケジュールに合う日に訪問を行います。


訪問のあとは会社の担当者に丁寧にお礼のメールを送りましょう。手紙でも良いですし、メールでもOKです。訪問してはじめてわかった良い印象などを簡潔に伝えると良いでしょう。