志望動機について

履歴書、エントリーシートなどに設けられた「志望動機」欄は、いきなり書こうと思ってもなかなか言葉が出てこない難しい部分かと思います。単に「憧れているからです」では読んですら貰えないかもしれませんし、逆に長く書いても流し読みをされて終わってしまう可能性があります。


そうした志望動機を書く前に、まずはその企業の求める人材像について調べておきましょう。特定の企業がそうした求める人材像の情報を出していない場合は、業界全体でも良いです。IT業界なら一般的にどんな人材が求められるのか、または流通業界はどんな人を欲しがっているのか。場合によっては自分に向いている業界が新たに見つかるかもしれません。いきなり文章を書き始める前に、一度そうした人物像について大まかにチェックしておきましょう。


また、学生さんに多い「自分のスキルを伸ばし、もっと成長させてくれそうな企業だから」という文言、これは非常に主観的な感想ですので、印象が良くありません。ある日突然見たことがない人が現れて、「私を成長させてくれそうだから、あなたと友達になりたいです」と言われたら、ちょっと困ってしまいますよね。それと同じようなものです。


会社に採ってもらう者として、その会社にどのように貢献できるかを述べるようにしましょう。一人の人材であることを意識して志望動機にすれば、採用担当者も少なからず納得してくれるはずです。


また、自分自身のアピールポイントを一つくらい設けて、動機に混ぜてみることも良い方法です。営業職は明るくて前向きな人材を有望視してくれるでしょうし、接客業なら細かな配慮ができる人材は一人は欲しいと思っているはずです。自分の長所をアピールと置き換え、さりげなく志望動機の中に混ぜ込んでおくと効果的かと思います。


もしもアルバイトや就業経験などの実績があれば、そこから繋げることもできます。単に「御社に興味を持っているから志望しています」だけではなく、御社でこんなことが出来ると思ったから、という方向へ文章を組み立てて行くようにしましょう。