スーツについて

スーツは社会人にとって必須のアイテム。特に、就職活動は誰もが必ずといっていいほどスーツを着用することになると思います。しかし、夏場の暑い時期は厚手のスーツは本当に億劫になります。暑い時期はスーツの着方にも工夫が必要です。


どんなに厚い時期でも、上着(ジャケット)だけ必要です。これはビジネスマンになってからも変わることはないと考えておいた方が良いでしょう。営業先や取引先など、他社へ出向く際は必ず上着を持参しなければなりません。


夏場でも社内は冷房が効いていて寒い可能性もありますから、シャツ一枚になる習慣は付けないようにしましょう。説明会や面接時も、指示があるまで脱がない方が賢明です。指示を守れない性格だと考えられては元も子もありません。 ちなみに、スーツの中は白、薄いブルー、女性なら薄いピンクなどのシャツが一般的です。それ以外にも、シンプルで目立たないものであればストライプなど多少柄が入っていても良いでしょう。


スーツの色については、一般的なリクルートスーツは黒や紺が好まれます。また、グレー系やチャコールグレーでも問題ありません。リクルートチックなスーツが嫌いだという方もいると思いますから、ストライプなどが入っているものを選んでも大丈夫だと思います。


ただし、派手すぎる柄や太めのストライプ、細身に見えすぎるスーツは面接にふさわしくないと判断されてしまう可能性もあります。まずはスーツを選ぶ際に面接用を探していると伝えて、ふさわしいものを探してもらうと良いでしょう。


スーツを着用するうえで気をつけるべき事は、全体的に「就活中」に見えるかどうかということです。アクセサリーやネイルでオシャレに決めるのは避け、奇抜な見せ方も避けましょう。


また、「説明会には私服でお越しください」と言われた場合はあえてスーツを着る必要はありません。素直に企業の求めに従って、奇抜な格好を避けたシンプルな(もしくはフォーマルな)装いで向かいましょう。