就職活動時の髪型

就職活動に際して、服装や身だしなみはもちろんですが髪型も意外に見られている場合があります。特に、接客業やサービス業などはお客様と直に接する職業ですから、面接の段階で髪型も注意を払っていきたいところです。


何より、髪型にはまず「清潔感」が感じられることが大切です。茶髪やエクステはもちろん、トーンを明るくしただけの髪型もよろしくありません。業種にもよりますが、比較的茶髪が容認されるところと、黒髪でなければ印象が悪いところがありますので、あらかじめ業界のイメージや服装規定を確認しておくと安心です。


具体的な髪型については、まずパーマやワックスで固めた奇抜な髪型はNGです。これはほとんどの業界に共通している事ですが、面接時の第一印象によって人物像がある程度決められてしまうため、いくら自己アピールを上手にしても、第一印象が良くない場合は簡単に落とされてしまいます。たとえオシャレではなくても、自分自身が清潔で爽やかに見える髪型を目指すと良いでしょう。


なお、ポニーテールにしている女性は、あまり高くない位置できちんと結んでおくことが大切です。派手で活発すぎる印象を与えてしまうので、ほどほどを心がけるようにしましょう。


また、前髪は目元にかからないように横に流したり、眉毛のあたりにぱらつくことのないように、顔の表情が見えやすい髪型にしましょう。女性なら、前髪を上げて留めてしまっても良いと思います。肝心の眉毛については、細すぎたり一本も生えていない、薄すぎるなどの眉毛は面接官からは不自然なものにうつってしまいます。細くしすぎないよう手入れには注意し、場合によってはちゃんと描いてくるなどしておきましょう。


男性の髪型についてですが、面接時は一般的に短い方が好ましい印象を与えるようです。これも業種によって異なりますが、接客業など第一印象を重視する業界はまず短髪が好まれると思っておいて間違いありません。


清潔感のある男性は身だしなみも中身もきちんとしているイメージを抱かせますから、フォーマルな髪型を意識して面接に臨むと良いでしょう。