面接の心得

就活で誰もが通る道といえば「面接」です。人と人が直接会って話をする場でもありますので、間違いのないように準備を進めていきたいところでもあります。


面接前にしておきたい準備

何故その企業に入りたいのか、自分は何ができるか、アピールポイントなども含めて事前に質問内容を想定することが大切です。その会社の特性だけでなく、業界全体についてもよく調べておきましょう。また、会社の雰囲気や理念なども必ず存在しますから、そうした細かい部分も出来るだけ情報を集めておきます。たとえ緊張してあがったとしても、これだけは伝えたい!と思うものを用意しておくと安心です。


面接会場への入場時間

説明会などでもそうですが、面接会場には少なくとも10分前には到着するようにしましょう。交通機関の遅延などで遅れる場合は必ず丁寧な言葉使いで連絡を入れるようにします。ただ一言「遅れます」だけだったり、黙って遅刻をしてしまうと担当者から裏でチェックを受ける場合もあります。


面接時の服装

服装は、スーツであればまず問題はないと思います。ただ、男性の場合はネクタイや襟元を重点的にチェックし、女性は髪型や全体的な服装に注意が必要です。細かなホコリまで取りのぞく必要はありませんが、常に見られているという自覚を持って身だしなみを整えるようにしましょう。アクセサリーやネイルなどの華美な装飾は、業界によってはNGになるケースもあるので注意が必要です。


面接時にするべき事

緊張であがってしまって、用意してきた台詞や伝えたいことが分からなくなっても、面接官は余裕をもって質問を投げかけてくれます。最後まで受け答えだけはしっかりと、そして積極的に質問をするようにしましょう。


面接後にするべき事

ビジネスマンとしての基本的な礼儀として、面接を行ってくれたことに対して感謝の気持ちを表すお礼メールを送付しましょう。このお礼メールを見落とす方は意外に多いのですが、面接後には必ずメールを送る習慣をつけておきたいところです。