就職活動のポイント

就職活動は一般的に、大学3年の9月から10月にかけて始まると言われています。具体的に何をするかは今回の記事では述べませんが、簡単な流れはまず企業に応募し、試験と面接に合格して入社に至ります。新卒だけでなく、転職や中途採用についてもこの流れはほとんど同じです。


就活の開始と準備

日本の就職活動は大学在学中、もしくは高校や専門学校在学中に始まるため、非常に手間と労力がかかるものと言われています。長い時間が必要とされることももちろんですが、学歴やスキル・資格などにくわえて、人物を重視した採用が行われるという特徴もあります。


入社試験には筆記試験が必須となりますが、試験用の参考書や問題集は過去問なども含めかなりの数が出版されています。就職活動の流れをひととおり解説した本や、エントリ-シ-ト・履歴書の書き方の本、一般常識とSPIに特化した本、面接試験用の本などが揃っています。すべてそろえても良いですし、本を買わずに情報収集のみで準備することもできます。


在学中の心構え

在学中は就職だけを考えるのではなく、自身の専攻している学科の専門知識を深めておくことも大切です。何故大学に入ったのか、卒業後に勉強したことをどう活かせるのかをよく考えておきましょう。常に前向きな気持ちで、勉強と就職活動のバランスを取っていくことが大切です。


場合によっては、新たに資格を取得してアピールにつなげる場合もあります。TOEICの成績を重要視したり、何らかの免許を持っていなければ選考に進むことができない場合もあります。そうした資格取得もある意味では就活の一環と考えられるでしょう。


なので、就職活動をはじめる「さらに前」から準備をしておくこともまた重要です。就活は9月くらいから始めればいいか…ではなく、すでに他者と比較してアピールになるものを揃えておく必要があります。それがいわゆる「自己分析」と呼ばれる部分につながって行くのですが、昔も今も自己分析に悩む学生さんは少なくありません。